タイトル




























二輪製品ニュース
2008年11月4日
原付スポーツモデル「エイプ・50」に新色を追加するとともに
前・後輪にディスクブレーキを採用した「エイプ・50 Type D」を追加し発売

Hondaは、コンパクトな車体に滑らかな出力特性の空冷・4ストローク・50cc直立エンジンを搭載した原付スポーツモデル「エイプ・50」に新色を追加するとともに、前・後輪にディスクブレーキとアルミ製キャストホイールを採用した「エイプ・50 Type D」をラインアップに追加し、それぞれ11月20日(木)に発売する。
 「エイプ・50」は、鮮やかなリバーサイドブルーを追加し、従来のクラシカルホワイト、グラファイトブラックと合わせ合計3色のカラーバリエーションとしている。
 今回新たにラインアップに追加する「エイプ・50 Type D」は、「エイプ・50」をベースに前・後輪にコントロール性に優れた油圧式ディスクブレーキと、アルミ製のキャストホイールを採用することで、一段とスポーティーなイメージとしている。車体色は、デジタルシルバーメタリックとバイブラントオレンジ、グラファイトブラックとキャンディーフェニックスブルーの2タイプのツートーンを設定。それぞれ斬新なストライプを燃料タンクとサイドカバーに採用し、シートはブラックとグレーのツートーンタイプとしている。また、エンジンには精悍なマットグレー塗装を施した、クランクケースカバーとシリンダーヘッドカバーを採用することで、特別感のあるものとしている。
 エイプ・50は、2001年2月に発売以来、コンパクトな車体サイズや、直立型で力強さを感じさせる4ストロークエンジン、ギアチェンジ操作が楽しめる5速ミッションの採用などで、10代から20代の若者を中心に好評を得ている原付スポーツモデルである。2007年12月のモデルチェンジでは、新たに電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)の採用に加え、排気ガスを浄化する触媒装置(キャタライザー)をエキゾーストパイプ内に内蔵することで、環境性能を高めている。
※PGM-FI(Programmed Fuel Injection)は、Hondaの登録商標です


















販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計 シリーズを含む)5,000台
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
エイプ・50 カラー ホワイト・ブラック・ブルー
270,000円消費税抜き本体価格 250,000円
エイプ・50 Type D
カラー シルバー・ブラック
318,600円(消費税抜き本体価格 295,000円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
エイプ50 全て完売しました。

お早めに!






エイプ50STD








エイプ・50 Type D











へ、リンク
エイプ50詳細へリンク、下文字クリックして下さい。
   
  
  













ライン



<注意>当サイト、すべての情報は、無断転載、無断リンクを禁止します。